01/15 インフルエンザでダウン

正月休み明け、いきなりインフルエンザに感染し、ほぼ1週間引きこもってしまった。

1月10日土曜日。午前中、野川~野川公園を9kmほどジョギング。特に疲れているとかいったこともない。帰宅してすぐシャワーを浴びて着替え、食事を摂ったりパソコンに向かったりする。
夜は府中アマチュア無線クラブの総会・新年会があるので、出かける支度をしていたが、やたら寒い。ちょっと風邪を引いたかと思い、しばらく布団に潜り込む。そろそろ出発の時刻になったのだが、寒気が収まらない。熱を測ったら38度近くになっている。これは出かけるのは控えた方がいいので欠席する旨、メールを送ってさらに寝る。夜になったら38度を越えてしまった。
11日日曜日。朝になっても38.5度。滝本でみんなの森・花咲き村共同のどんど焼きだが、こちらも欠席する旨メールを送り、ひたすら寝る。食欲はほぼゼロで野菜ジュースばかり飲んでいる。調べたところインフルエンザの特徴として高熱、咳は出ない、のどや鼻の症状も出ないというので、どうやらインフルエンザにかかった模様。3連休の真ん中なので近所の病院はやっていない。インフルエンザにかかったら、早めに診察を受けて薬を処方してもらわないといけないらしい。調べたら府中公園南側の保健センターで休日診療をやっている。妻に「車で送って」と頼んだが、すっかりペーパードライバーに戻っている彼女は運転したくないという。
38.5度の高熱で運転するのは危険かもしれないけれど、意を決して一人保健センターに向かう。
そんなに混んでなく、30分ほどで検査終了。しっかりA型インフルエンザウィルスが発見され、リレンザと解熱剤の処方箋をもらう。さて、保健センター近所の処方薬局は日曜なので閉まっている。どうしたものかと車を走らせていたらチェーン店のドラッグストアに処方箋受付と書いてあった。無事に薬を購入できた。
12日休日。リレンザと解熱剤の効果は劇的。いきなり36度まで下がって完全に平熱になった。ただ、まだふらふらしているし、しばらくはインフルエンザウイルス保菌者なので外出は控える。この日は冒険の森岩場開拓の予定だったが、池田さんと佐藤さんに連絡して五日市駅でピックアップしてもらうようにお願いする。
13日火曜日。休み明けだがまだ外出は禁物だ。社員からはしばらく出てくるなと心温まるメールをもらう。家でダラダラしていると、居間やキッチンの汚れが気になってしまう。年末にできなかった大掃除をやる。LPレコードを全部引っ張り出してミュージシャンのイニシャル順に並べ替えたり、キッチンの出窓をピカピカに磨いたり。妻も居間のテーブルに積み上がっていた資料や雑誌を片付けてくれたので、数年ぶりにすっきりした。これなら客も呼べる。
14日水曜日、15日木曜日とのんびり家で過ごし、16日金曜日ようやく出社。

「01/15 インフルエンザでダウン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください