11/11 友人の訃報

仕事関係の友人が、8月中頃から体調を悪くし、入院していた。肝硬変から来るアンモニア脳症という病気で、何度も意識を失ったという。それでも9月中旬には社会復帰できそうだとかFacebookに書いてあったし、奥様からだいぶ回復してきたという投稿もあり、そんなに心配してなかった。だけど、10月に入ると容態がかなり深刻化していたようで、ずっと奥様による代理投稿ばかりとなった。昨日、Facebookで彼についての投稿に「葬儀」とか「見送り」などという文字が。あわてて彼のページに行ってタイムラインを開いたら、11月4日、御前0時過ぎに息を引き取ったと。もう1週間も前のことで、葬儀も終わっていた。見落としていたのか、表示されなかったのか。享年60歳、まだ若すぎる。

彼と最初に出会ったのは1999年、当時、草思社クリエイティブの外部スタッフで、リットーミュージック経由ヤマハの仕事だった。どんな内容だったのか、まったく覚えていない。たぶん広報誌かWebサイトを作るという話だったのだろう。どうやらコンペで落ちてしまったようだ。

その後、フリーになってライターなどをやっていた。次の仕事はぼくがお願いした、宣伝会議から出たケータイマーケティングのムック。アフラックとかいくつかの企業の取材・原稿執筆をしてもらった。

その次は、確か葬儀屋比較ポータルサイトを作る話。打ち合わせに行ったら先方の社長から「金を出すのだから、Googleで必ずトップページに表示されるようにしてくれないと困る」と無茶を言われてぽしゃった。そろそろGoogleで隠しリンクによるSEOが排除されるようになってきた時代だった。

最後にあったのは2012年、外装材問屋に就職して広報担当となり、Webサイトのリニューアル。高島平にあるショールーム兼オフィスで、真夏なのに冷房を入れてくれず、暑い暑いとぼやいていた。この案件もコンペで敗れて没。彼は数ヶ月語、まともに給料を払ってくれないと怒って退職してしまった。

学生時代からずっとバンドをやっていて、今年の2月には渋谷でのライブのお知らせももらっていた。結局行かなかったことをすごく後悔している。父の最後もそうだったけど、行こうかな、会おうかなと思った人には無理してでも会っておくべきだと、あらためて思う。

浅野隆さん、一度ちゃんと大きな仕事を一緒にやりたかったです。今は安らかにお休み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください