10/10 クライミング世界女王野口啓代選手にインタビュー

Team PowerNaviでサポートしているクライマーの野口啓代さんにインタビューを行いました。野口さんは今年、クライミングワールドカップ・ボルダリングの第5戦カナダ大会で優勝するや残りのアメリカ、中国、フランス大会を4連覇してシーズンを終え、年間チャンピオンの座を獲得しました。今や日本最強女性クライマーであることは言うまでも無く、世界最強女性クライマーの一人としての座を確実なものとなったでしょう。

野口さんは2008年にワールドカップ・オーバーオール部門(ボルダー・リード・スピード3部門の総合得点)優勝、2009年と2010年にボルダリング部門で年間優勝していますが、その後は年間タイトルから遠ざかっており、特に昨年はワールドカップでは一度も優勝できませんでした。

また、PowerNaviで野口さんにインタビューしたのは、彼女が19歳だった2009年のこと。その前年に日本人女性初となるフランス大会優勝、そしてオーバーオール部門優勝を成し遂げているけれど、その後5年間にわたってワールドカップの表彰台に立ち続け、世界最強女性クライマーの座を確立するとまでは思えませんでした。インタビューの最後では「25歳とか30歳になったらワールドカップで勝てなくなるでしょう。そうしたら、監督やコーチとして教える側になって、恩返しをしたいですね」と、今にして思えばずいぶん弱気な発言で締めくくっています。そう、今年彼女は25歳で世界チャンピオンに返り咲いたのです。

インタビューでは、昨年の低迷から今年の大爆発へ、どういったトレーニングや食事、生活の変化があったのかをうかがいました。また、国内やヨーロッパなどの岩場での超高難度課題での世界女性初となるレッドポイントやオンサイト記録について、これからの意気込みなども。

というわけで、さっさと原稿をまとめないといけません。近日公開、乞うご期待!!

20141010野口啓代2

DSC_2296

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください