08/03 ハクビシンとスズメバチ

8月1日の明け方(午前5時前ぐらい)、ベランダで猫たちが異様に騒いでいる。外を見たらベランダに上がってくる柿の木の枝に何か動物がいて、猫たちとにらみ合い。ハクビシンだった。猫は身体が小さいし、まだ若い。ハクビシンに追い散らされてしまい、1階屋根を明け渡す。ハクビシンはしばらく屋根に居て、また下に降りていった。以前はちょくちょく目撃していたが、最近見かけてなかった。やっぱりこのあたりに住んでいるようだ。

DSC_2232
3日には玄関横、軒下にスズメバチの巣ができているのを発見した。まだ直径15cmぐらいか。下の穴から蜂がこちらをにらんでいる。クライミングで甲府幕岩とか行くと、ルートにスズメバチの巣があったり、ビレイしているところに偵察に飛んでくるのはしょっちゅうなので自分は慣れているが、虫嫌いな妻が騒ぐ。市役所に依頼すると無償で駆除してくれるというので連絡。「今日は無理ですが、明日にでも業者に行ってもらいます」と、なかなか迅速。ぼくが会社に行っている間、夕方ぐらいに若い男性2人がやってきて、さっさと撤去していった。妻の話では蜂が襲いかかってきやすい黒っぽい色の半袖Tシャツだったというが、いくらなんでも駆除作業中は防護服着てやるんだろうな。
suzumebachi01
翌朝、玄関にスズメバチが迷い込んできた。撤去作業中に巣を離れていて助かった生き残りか。ごめんね。

とりあえずスズメバチはカタがついたけれど、ハクビシンは相変わらず屋根裏に出入りしているようだ。どうしたものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください