c000021a Unknown Hard Error

一昨年、請求書発行システムとしてパソコン一式を納品したお客さんから、「Windowsが起動しなくなった」というSOSが入り、急遽向かう。ものはDELL Dimension2400C、Windows XP。
XPのロゴが出るまでは正常なのだが、その後ブルースクリーンになって
STOP: c000021a Unknown Hard Error
と表示されて止まってしまう。セーフモードで立ち上げなおしてもダメ。
20060117-error.jpg
DELLのUtilityは起動するので、Express Testを実行すると
0F00:1344
Block xxxxx: Uncorrectable data error or media is write protected.
というエラーが8件ほど出る。つまり、Windows XP関係のデータのどっかが壊れているようだ。
DELLのサポートに電話すること数十分、ようやく出た担当者にエラーメッセージを伝えたら、あっさりHDD交換に応じるという。本体返送か代替HDDを送付のいずれも選べるが、本体を返送しても中のデータは救い出してくれないので、代替HDD送付にしてもらう。
持参した別の中古HDDにXPをインストールし、こちらで起動して元HDDの中身をコピーしようとしたのだが、DimensionというコンパクトマシンのためにIDEケーブルも電源ケーブルも余裕がない。HDDが1台しか接続できないのだ。
ちょうどお客さんのところにゴミパソコンがあったので、それをばらしてIDEケーブルと、電源ユニットを取り出す。IDEケーブルはどちらもコネクタが1個しかついてないからセカンダリのCDドライブとHDDを抜き差ししながら、という面倒なことになる。
XPをインストールし、起動できることを確認してから元HDDをセカンダリにつなぐ。だが認識しない。どこかでおかしくしてしまったのだろうか。焦って元HDDをプライマリにつなぎなおすと、無事起動してブルースクリーンに進む。
悩んだが、原因は元HDDをスレーブに設定していたこと。セカンダリにも1台のドライブしかつながないのだから、マスターにすればよかったのだ。いつも、プライマリでマスターとスレーブにしてやっていたので勘違い。
幸いにして元HDDのデータは完全に読むことができる。とりあえず起動ドライブにデータを全部コピーする。さらにCD-RWにもバックアップ。
予想外に時間がかかってしまったけれど、無事に復旧できてよかった。あとはDELLから代替HDDが届けばそれにオフィス環境などを含めて完全に再構築する。と思ったら今朝お客さんより連絡があり、もう代替HDDが到着したという。
後で調べてみたら、このエラーはWindows2000/XPのバグっぽい。「電源を切る」を選択したとき、レジストリに変更があった場合にハードディスクに書き戻す前に電源が切れしまい、レジストリ情報に矛盾が生じてしまうというのだ。だからセーフモードでも起動しないけれど、データそのものはまったく損傷がない。確実な防御策もないようで、困ったものだ。
お客さんの要望では、事務用にもう1台パソコンを導入し、データを常にバックアップしあって、1台壊れても業務が続けられるようにしたいという。

「c000021a Unknown Hard Error」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください