半期決算、年末調整でたいへん

午後、オフィスで海士町プロジェクトの会議をやっているところに税理事務所のKさん来訪。ダブルブッキングというわけではないが、すっかり忘れていた。
ぼくが会議に出ているので、Kさんにぼくの机で作業をしていただく。
昨年9月から、これまで伝票入力まで丸投げしていた経理作業を社内でやることにしていたのだが、Kさんがそのデータをチェックすると漏れや仕分けミスが多くて使えないという。たとえば銀行口座入金が入力されていなかったり、貸し方になるものが借り方に入っていたりと。


だが入力した担当者に確認すると、入力漏れについては通帳のコピーにチェックを入れながらやっており、ミスするはずがないという。仕分けについても、入力画面では出てこない項目になっているという。
担当者もぼくも、Kさんから支給された入力ソフトの使い方が基本的にわかってないので、操作をミスしているというのが原因じゃないかということになる。自腹切ってちゃんとした会計ソフトを買って勉強するべきかもしれない。
半期決算と年末調整など。すぐ終わるかと思ったが、Kさんが全入力のチェックをやり直したのと、データ交換用のフロッピーディスクが読めたり読めなかったりして手間取る。
エルデのPCにはFDDが付いてなく、KさんはUSB接続のFDDを持参してノートPCとでデータをやり取りしようとするのだが、すぐにFDDが認識されなくなる。デスクトップマシンにFDDを内蔵すればいいのだろうが、今からフロッピーディスクを使うこともないだろうし・・・
結局、終わったのは8時ごろ。とりあえず半期決算の試算表ではトントンというところか。去年同期よりは少しずつ上向いてきている。このままがんばろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください