09/15 エルデのサーバーをリニューアル

これまで会社で使っていたファイルサーバーとWeb・MailサーバーはDell PowerEdge SC430という、2005年に購入したミニタワー。CPUがCeleron Dで、CentOS 4をインストールしていた。ファイルサーバーとしてのWindows機からのファイル共有、Webサーバー・Mailサーバーの動作については特に遅さも感じず、そんなに不満もなく使えていた。ただ、OSのバージョンアップ時期を逸してしまい、セキュリティパッチのサポートが得られなくなるとか、いろいろ問題が出てきた。

11600円の新サーバー

そこで思い切って新しいマシンを購入してOSから入れ替えた。新しいサーバーはHP ProLiant ML110 G6。Celeron G530、2GB DDR3、250GB HDD、DVDドライブ搭載。NTT-Sストアならば送料・税込で16,980円のところが5000円引きクーポン適用して11,980円という大特価だ。管理の関係でAmazon Web Serviceなど外部サーバーを使うことも考えたが、この値段にはかなわない。いずれアクセスが増え事業が拡大したら・・・

これを2台購入し、ファイルサーバーには2TBのHDDを増設。WebサーバーはHDDそのままで後からメモリを2GB増設。両方ともCentOS 6.4をインストールした。ハードウエアRAIDも搭載されており、RAID0/1が使えるけれどどちらも未使用。ファイルサーバーはRAID化した方がいいのかもしれなけれど、別のサーバーと相互にバックアップし合うことで冗長化を図っている。

実際にOSをインストールするとか、既存環境を移すといった作業は技術担当役員である永井君にやってもらう。ファイルサーバーは何の問題もなく、すんなり使えるようになった。これまで100GBぐらいのユーザー領域しかなかったのが1TBまで広がり、容量を気にせずファイルを置ける。レスポンスも早い。

Web・メールサーバーの移行は、外部公開の関係があるのでちょっと面倒。事前にWebを停止することをアナウンスしておいてから3連休の日曜日に作業を実施してもらった。12時過ぎに旧サーバーを止め、あらかじめ基本的な環境を設定してあった新サーバーに最新のデーターを移して立ち上げる。15時にはWebサーバー、メールサーバーとも再開できた。

メールが読めない

ただ、OSを完全に新しいものにしたので、ユーザーがインストールしたパッケージ類までは入っていない。ぼくは95年ごろからずっとSSHでサーバーにログインし、Emacs+Mewでメールの読み書きをしている。旧サーバーだとターミナルでログインし、mewと入力すればいいように設定してあった。だが、新サーバーではmewと打ってもmewが起動しない。

Emacsのバージョンを確認すると一つ前のEmacs 23が入っている。現在の最新版は 24.3なので、

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/emacs/emacs-24.3.tar.gz
tar zxfv emacs-24.3.tar.gz
cd emacs-24.3
./configure
make
sudo make install

してインストール。Mewも念のために

wget http://www.mew.org/Release/mew-6.5.tar.gz

で新しいものを入れておく。
ところが、ターミナルから「mew」と打っても、Emacsを立ち上げておいて「M-x mew」と入れてもMewが起動しない。もちろん~/.emacsには

(setq load-path (cons “/usr/local/share/emacs/site-lisp/mew/” load-path))

とパスは設定してある。Emacsを古いEmacs23.1.1に戻したけれど変わらず。

結局のところ、~/.mew.elに古いMewのパスが書いてあったのが原因だった。あちこち設定ファイルが散らばっているのも面倒だ。.emacsには~/.emacs.d/initへのリンクだけ書いておき、実際の各設定は~/.emacs.d/以下にまとめておくのがスマートだ。今度やろう。

Spamフィルターを入れる

とりあえずMewでメールの読み書きができるようになったが、Spamがすさまじい。Spamはbsfilterとbogofilterの2段構えではじいていたが、新サーバーにはbsfilterとbogofilterが入っていない。

bsfilter-1.0.18.ruby1.9.rc5.tgzを取ってきて入れようとすると、Rubyがない。Rubyは入っているのだけどRuby1.8だった。bsfilterは1.8では動かない。ruby-2.0.0-p247.tar.bz2を取ってきてインストール。

bogofilterも7月にバージョンアップして1.2.4が出ていたのでbogofilter-1.2.4.tar.bz2をインストール。

これでSpamもほとんど阻止することができた。

さて、過去のメールをK?で検索しようとしたら検索メソッドが無いと言われる。日本語対応全文検索エンジンであるhyperestrairが無いのだ。hyperestraier-1.4.13.tar.gzをインストール、しようとしたらデーターベースqdbm-1.8.78.tar.gz
が必要といわれ、そちらを先にインストール。

ようやくメール環境については旧サーバーと同じ状態にまで持って来られた。

あと、このブログ自体もWordPress3.5だったのをWordPress3.6.1にアップグレードした。まだ新機能は使って無けれど、YouTubeとか経由せずに動画を直接投稿できるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください