09/02 横浜でドックヤードプロジェクションの取材をし、「日本丸」を眺める

9月2日(月)、午後から横浜みなとみらいのランドマークタワーにある三菱地所横浜支店でドックヤード・プロジェクションマッピングについて取材した。ドックヤード・プロジェクションマッピングは回りの飲食街ドックヤードガーデンの活性化にドックヤードを使えないかということで考えられた。一般的にはステージを作ってイベントを開催、ということになるのだがドックヤードは高層ビルに隣接しているため、ただでさえ強い港のビル風がさらに増幅され、底の部分では秒速20m、30mにもなることがあるという。しかも重要文化財なのでボルトを打ち込んで設備を固定することができない。そこでプロジェクターを置くだけでできるプロジェクションマッピングが選ばれたという。プロジェクターは冷却装置付きの防水箱に収め、ワイヤーロープで壁に止められている。日本初の屋外常設型プロジェクションマッピングということで、お客様にケガや事故のないことを最優先した。7月16日のオープン以来、大したトラブルもなく7万人が来場し、ドックの壁180度に投影される横浜ストーリーを楽しんでいる。

取材の後、ドックヤードを見に行った。昼間見ると壁を作っている自然石のブロックが1個1個色が違っているのが分かる。コンテンツ制作ではこのブロック単位の色調整までやるそうだ。日中でも日陰なので、熱せられてアチチということにはならない。ただ、冬は寒そうだ。
docyard01

docyard02

その後、隣にある帆船日本丸へ。この日は休館日で中に入ることができなかったけれど、秋晴れの陽光に照らされた船の色合いが素晴らしかった。横浜港には何度も来ており、大桟橋から客船にっぽん丸に乗ったこともあるが、日本丸をまじかにみたのはこれが始めて。帆が広がっていたら、もっと美しいのだろう。

docyard03

docyard04

docyard05

docyard06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください