06/07 電通大で「スポーツ祭東京2013」シンポジウム

府中、調布、多摩など多摩地区で地域メディア活動をやっている人たちが中心になり、この秋に開催されるスポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)を盛り上げようというシンポジウムがあった。

国体には山岳競技(クライミング)があり、10月4日から6日まで東久留米市スポーツセンターで開催される。さすがに国体に協賛することはないだろうけど、先日リハーサル競技として開催されたリードジャパンカップにはPowerNavi BCAAを提供した。

シンポジウムでは都庁スポーツ祭東京2013実行委員会事務局、調布市、多摩市の方がそれぞれの取り組みを紹介し、地域メディアや市民による協力の要請があった。
SANYO DIGITAL CAMERA
開会式・閉会式をはじめとするメイン会場は調布の味の素スタジアムで、調布市内ではサッカー、陸上競技、ボウリング、ドッチビーが行われる。多摩市ではサッカー、ハンドボール、スポーツ吹矢が開催される。

そのほか、都内全市区町村で何らかの競技が開催されるようだ。

都・調布市・多摩市の取り組みはいろいろわかったけれど、地域メディアとしてどう関わっていくのか、主催した多摩メディアパートナーズが何を目指すのかはっきりしなかったのがちょっと残念。

シンポジウム終了後の懇親会では、今後の仕事に結びつきそうな話もできたので有意義だった。府中駅から歩いて帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください