携帯電話を替えた

2年5か月使ったW41H(au・日立製)の液晶が割れてしまった。ストラップの固い部分をはさんだまま閉じてしまい、圧力がかかったようだ。見えないことはないけれど、メールを書くときなど、変換ウィンドウがちょうど隠れてしまい、使いにくい。バッテリーも弱っていて、そろそろ替え時だとは思っていたので、機種変更することに。
20080821-keitai1.jpg
この時期、機種変更するならこれしかない、というかずっと待っていた1台。カシオの防水G’zOne、W62CAだ。水深1mで30分沈めても大丈夫というIPX7防水規格対応。色はバーンドブラック。
20080821-keitai2.jpg


カシオの防水携帯というと、2000年にIDOから出ていたC303CAを使っていて、それ以来。本当はずっとG’s携帯が欲しかったのだが、cdmaOneからWinへの移行時にちょうどいいモデルがなく、買いそびれていた。
デジカメは防水(Xacti DMX-CA65)、時計はもちろん防水なので、携帯電話も防水でそろえたい。アウトドアや自転車走行時には、突然の土砂降りというのも何度も遭遇しているから。自転車に乗っているときは携帯電話は使用禁止だが、バックの外にぶら下げていたり、胸ポケットに入っていると、雨にやられてしまう。
残念ながら? まだ機種変更してから本格的な雨には降られていない。
数日間使った感想だけど、慣れてないのでまだ使いにくい。
まず、メールなどの表示フォントが細く、文字を大きくしても読みにくい。もっとウェイトの高いフォントを使って欲しいもの。
操作性は、微妙にW41Hと違うところがあって、つい操作を間違えてしまうのがストレスになる。だいたい同じだけど、一部違うというのが嫌だ。日立とカシオは合弁会社で携帯電話を作っているので、ソフトウェアは同じかと思っていたが、世代差のせいかもしれないが・・・
面白かったのは「Run&Walk」。ジョギングや自転車走行での速度や距離などを記録してくれるのだが、走ったルートがマップ上に図示される。GPSターミナルを持っていれば当たり前なんだろうけど、3万円の携帯電話でできてしまうところが面白い。というか、カシオなどがアウトドア用 GPS作ってくれると、安くて小さくて高機能になるはず。
Run&Walkの地図
外部メモリはまだ買っていない。W41Hでは512MBのミニSDカードを装着していたが、結局、最後まで余裕があった。W62CAは、800MBもの内部メモリを搭載している。当分はこれで十分だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください