04/26 『LaTeXはじめの一歩 Windows8/7対応』が出ました

カットシステムから『LaTeXはじめの一歩 Windows8/7対応』が出ました。2011年に『LaTeXはじめの一歩Windows7/Vista/XP対応』を出してから2年ぶり。タイトルや表紙のイメージからして2011年版の増補版のように思えるかもしれませんが,中身は大幅改訂しています。

まず,今回は収録ソフトをTeXLive2012とGhostscript,GSViewだけにしました。とは言ってもTeXLiveは2GB以上ある巨大パッケージなのでCD-ROMではなくDVD-ROMが付録です。また,Emacsとか秀丸といったエディタは収録せず,TeXLiveに標準で付いてくる統合環境TeXworksだけで作業をするようにしました。自前のインストールソフトもありません。それぞれ収録ソフトのインストーラを使ってインストールします。オリジナルインストーラはけっこうサポートが面倒だったんです。クラスファイルは奥村先生のjsarticle,jsbookがBSDライセンスで公開され,TeXLiveにも収録されたので,こちらを使っています。

TeXLiveが丸ごと入っているので,WindowsだけでなくMac OS XやLinuxでもそのままインストールできます。配布されているISOイメージそのまま収録しようかとも思いましたが,ISOイメージの自動マウント機能が無いWindows7とかは面倒なので,ファイルを展開した状態で収録しています。

中身はかなり書き加え,1ページあたりの文字量を増やした上に40ページの増ページです。DVIOUT関係の記事はばっさり削り,PDFを作る話をメインにしています。細かいノウハウやTIPS,カスタマイズなどは載せるとキリがなくなり,他の解説書のように300ページ,400ページの大部になってしまうので,そこは絞っていますが。

間違いなど,これから出てくるかと思いますが,どうぞご指摘ください。Web上で訂正するとともに,重版時に対応したいと思っています。

『LaTeXはじめの一歩 Windows8/7対応』
著者:土屋勝
出版社:カットシステム
初版:2013年5月10日
定価:2600円+税

cover
第1章 LaTeX とは
 LaTeX の誕生
 LaTeX の得意なこと,不得意なこと
 LaTeX と英文組版
 LaTeX と日本語
 TeX Live

第2章 LaTeX をインストールする
 DVD-ROMの収録内容
 TeX Liveをインストールする
 Ghostscriptをインストールする
 GSviewをインストールする
 TeXworksを設定する

第3章 LaTeX を使ってみよう
 TeXworksを起動する
 本文を入力する
 TeXworksの機能
 補完機能
 エラー箇所へのジャンプ
 ソースとPDFの間をジャンプするSynctex
 コマンドプロンプトで操作する

第4章 LaTeX の基礎
 LaTeX のきまりごと
 ソースファイルを作る
 ドキュメントクラス
 クラスファイル
 パッケージファイル
 本文に使えない文字
 アルファベットや記号をそのまま表示する
 改行と空白
 文字のサイズを指定する
 太字や斜体にする
 右寄せ,中央揃え,左寄せ
 強制的に改ページするには
 タイトルを付ける
 章,節の作成
 文書を引用するには
 注釈を付けるには
 行頭を下げる・下げない
 箇条書きにするには
 特殊文字や記号を出すには
 アクセント記号
 クラスファイル
 クラスオプション
 ¥記号とバックスラッシュ

第5章 表作成
 table環境
 罫線のない表を作る
 罫線を引く
 部分的に横罫線を引くには
 複数のセルを一つにまとめる
 縦列をまとめるには
 列の幅を指定する
 表の高さを指定する
 部分的にレイアウトを変更する
 セルに網掛けする
 タブ揃え
 複数ページにわたる表

第6章 数式を記述する
 AmSfont AmS-LaTeX
 行中数式と別行立て数式
 数式モードで使える文字
 数式モードでの空白
 分数の書き方
 添え字
 ルート記号の書き方
 積分記号の書き方
 数式に番号を付けるには
 複数行にわたる数式の書き方
 行列の書き方
 AmS-LaTeX による行列
 ギリシア文字
 さまざまな数学記号

第7章 図や画像を扱う
 画像を挿入するには
 ビットマップとベクター
 RGBとCMYK
 モノクロ画像
 4色ベタとリッチブラック
 画像ファイルフォーマットの特徴
 写真データの解像度
 Windows用dviウェア
 graphicxパッケージの宣言
 画像ファイルのサイズ情報
 dviout for Windowsを使う
 dvipdfmxを使う
 mediabb.styを使う
 画像を回転させるには
 画像のトリミング
 画像に文字を重ねるには
 画像の位置を指定する
 画像にキャプションと画像番号を付けるには
 複数の画像を横に並べるには
 他のアプリケーションから画像を貼り込む

第8章 目次,索引を作る
 目次を作るには
 目次の出力レベルを変えるには
 番号のない見出しを出すには
 目次のタイトルを変えるには
 目次のデザインを変えるには
 索引を作るには
 索引項目で使えない記号
 索引の体裁を変える
 入れ子になった索引
 他の項目を参照する索引
 文献リストを作るには
 参照

第9章 縦組み
 日本語を縦組みにする

第10章 より複雑な文書を作る
 LaTeX で使える長さの単位
 文字や図の位置を微調整するには
 行間隔を調節するには
 1行の文字数を調節するには
 段組にするには
 ページ番号を変更するには
 文字に色を付けるには
 複数ソースファイルをまとめるには

第11章 マクロ
 マクロ
 引数を取るマクロ
 マクロを定義しなおす
 既存のマクロを再利用する
 環境を定義する
 制御をするマクロ
 マクロ集を作る

第12章 フォントを使う
 コンピュータと漢字
 JIS・シフトJIS・EUC
 Unicodeへ
 Type1フォントとTrueTypeフォント
 Adobe-Japanグリフセット
 LaTeX でフォントを指定する
 日本語フォントを自由に使うには
 ないフォントを代用する
 新しいフォントメトリック
 otfパッケージ

第13章 ページレイアウト
 標準的なスタイル
 LaTeX のページレイアウト
 パラメータを変更するには
 行送りを変更するには
 文書全体の行送りを指定するには
 文字の間隔を指定するには
 クラスファイルとレイアウトの定義
 ノンブルと柱
 ページスタイルを指定するには
 柱の内容を定義するには
 ページ番号を強制的に変えるには

第14章 PDFファイルを作る
 PDFファイルを作る
 Adobe PDFに印刷する
 dvipskを使う
 dvipdfmxを使う
 フォント埋め込みと著作権

付録A LaTeX の情報源
 LaTeX に関する参考図書
 インターネットでの情報源
 収録ソフトのサイト情報

索引

「04/26 『LaTeXはじめの一歩 Windows8/7対応』が出ました」への5件のフィードバック

  1. Latex 初めの一歩 windows 8/7を購入しインストールはすみましたが17ペ-ジのTexworksを起動しますとありますがどのフォルダーに履いていますか、それともTexworksはコマンドですか。どのようにすれば起動できますか

  2. yogiさん,拙著をお買い上げいただきましてありがとうございます。
    TeXworksの起動ですが,Windows8.1の場合
    [スタート][プログラム][TeXworks][TeXworks]です。

  3. Latex 初めの一歩 を買いinstall wo すませ17pageのTexworks を設定するのところにきましたがTexworks を起動しますとありますがどうすれば起動できますかしたの写真のpageが表示されません。

  4. 初めまして.先日,『LATEXはじめの一歩 WINDOWS8/7対応』を購入した者です.

    WindowsPCには付属のDVDでインストールすることができたのですが,MacOSにインストールする方法がイマイチよく分かりません….

    もしよろしければ,上記のメールアドレス宛に,付属のDVDからMacOSにインストールする方法を教えていただけるとありがたいです.

    返信お待ちしております.

  5. きこう様 拙著をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。
    本書ではWindowsへのインストール方法についてのみ解説してあり、他OSへのインストールは10ページにあるようにTeX Live2012フォルダ内のindex.htmlファイルを参照してください。私自身、Mac OS Xは触ったことがないのでお答えできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください