04/07 情報経済学開講

今年も神奈川大学経済学部非常勤講師として情報経済学を教えることに。去年が300人受講でパニックだったため、今年は火曜日4限と5限の2コマに分け、4限は200人までの受講制限にしてもらった。同じ内容を話すので、学生にしてみればどちらを受けてもいい。5限だと終わるのが遅くなるので4限を志望する方が多い。講師にすると、同じ内容を話して給料は2倍になるのはうれしいけれど(きわめて薄給)、レポート提出など求めるとトータル300人は変わらないので、やはりマークシート試験1発ということになる。

4限は11号館11教室。300人入れる大講堂だが、200人だと余裕がある。去年、一昨年は1回目の講義で教室に学生が入りきらず、2回に分けて最初の説明を持ったり、急遽事務にお願いして教室を移動するなどドタバタした。

講義終了後、学生が何人か質問しにきた。みんな「4限申し込んでくじ引きで落ちちゃったので5限で取りますが、4限の授業受けていいでしょうか?」。教室が満杯になるのが困るので人数制限をしてもらったので、「どうぞ」とはいえないけれど、どうせ数週間経てば出席学生は減ってくるし、出席日数は評価点には加味しないこと、と大学から指示が出ているので、ご自由にだ。

4限が終わって1111教室で次の講義が始まるのを待っていたら、学生が来ない。おかしいなと思って講師控え室に戻り、尋ねたら5限は8号館21教室だった(汗 あわてて821へ行ったらすでに学生は集まっていた。

去年の学生アンケートで、板書してくれとか、声が聞こえないとかいろいろ指摘もあったので、改善できるところは改善する。学生ももっと勉強して欲しいものだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください