CFOに関するメモ

原稿執筆のためのメモ
<銀行借り入れの資本主義だった時代は銀行との関係を第一に考える財務担当がいればよかった。株主中心の資本主義になった今、市場に対して説明のできるCFOが必要だ。
(三井物産副社長松木順一・日経ビジネス2008年6月16日号)>
<CFOは、財務担当者である前に、経営者としてのマインドを持っていなくてはいけません。CFOというのは、経営のことを常に考えた上で、自分の専門分野である財務や人事、経営企画といった、いわゆるバックオフィスを担うのが本来の姿なのです。
(インテグリティ代表取締役 尾関好良・SMBC WIDELY WEB)>
<CFOは経営者の一人であり、経営者に必要なもの。それは「経営者として適正な人格」「的確な判断力と迅速な決断力」「商売人としてのセンス」。
(経営コンサルタント 坂本和弘・SMBC WIDELY WEB)>
果たして日本型CFOとか、欧米型CFOといった区別が存在するのだろうか。企業がグローバル化し、全世界共通のルール上で動いているこの時代に。ワールドワイドに広がる株主に対し、きちんと説明できることが、CFOの共通の役割ではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください