한글(ハングル)の勉強を始める

4月、新年度ということで何か勉強を始めようと思い立った。
英語やドイツ語、ロシア語は一通りやったので(使い物にならないが)、前から興味のあった韓国語にトライ。
実は90年ごろに家族でソウルに旅行したことがあり、その時にちょっとだけ独学でかじったことがある。
と言っても、ハングルで地名が読める程度。韓国では漢字をほとんど使わないし、ローマ字表示も普及してないので、ハングルが読めないとバスにも電車にも乗れない。行き先が分からないのだ。
帰国したら、あっという間に忘れてしまった。やはり外国語は普段使ってないとダメだ。今回は大久保のコリアンタウンでハングルのメニューを読んで韓国語で注文できること、を目標とする。


NHKのラジオ講座を聞こうとしたが、初日から寝過ごして断念する。というか、AM放送を聞くのはけっこう手間だし、それを音声ファイルで収録するのはもっと面倒。FMなら携帯電話やMP3プレーヤーでも受信できるのに、AMの受信機というのは、今となってはマイナーな存在だ。
いくらなんでも最初の日から逃げていては三日坊主にもなれない。ソウル旅行の時に買った別冊宝島42『10日間のハングル』(JICC出版!!)と、カセットテープを教材にする。カセットテープレコーダーも今となってはけっこう重くてかさばる。カセットテープをダブルラジカセからICレコーダーにつないでデジタル化する。
20080402-hangle001.jpg
でも、まずは한글が読めないと話にならない。テキストでカタカナで読みが振ってあるのはダメだな。外国語なのだから発音は異なるのに、どうしてもカタカナで読んでしまう。
小学生が「あいうえお」とやるように、한글のアイウエオにあたる아、이 、우 、여、오から。

「한글(ハングル)の勉強を始める」への1件のフィードバック

  1. ども。FARCの石原です。ご無沙汰しております。私も3月にソウルへ行ってきました。
    韓流ドラマ(特に"冬ソナ")を見て以来ハングルを覚えたいと思いつつ何もしてこなかったのです("冬ソナ"は録画して何十回も見ました)が、今回の旅行を機に1ヶ月ほど前から付け焼き刃的に勉強を開始しました。しかし結局途中で挫折しかかっております。最初は簡単だと思っていたハングルですが複雑に組み合わされた文字について行けなくなっています。向こうでは看板を片っ端から読んで意味が分かると一人で喜んでいました。でもバスに乗っていると読み終わらないうちに過ぎ去っていき、意味はおろか発音さえままならない状態に苛立ちさえ覚えるようになりました。
    効率的な覚え方がありましたらご伝授下さい。(最近、京王線のディスプレイ付き新型車両に乗り、そこに表示される特急停車駅のハングルが読めました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください