MySQLにはまる

nucleusはしばらく置いといて、このところxoopsの設定に苦労している。
ハイパーメディア研究会の活動を再開するにあたり、www.hmw.or.jpのサイトもなんとかしなくてはならず、xoopsにしようと思ったのだが。
以前、自分のホームディレクトリにインストールした時には動いたはずのxoopsが、apache2のルートディレクトリにコピーすると動かない。MySQLとの接続ができないのだ。
いろいろやってみるがだめ。

あきらめてMySQLをいったん削除し、yumで入れなおす。ところが削除したときに必要なものまで削除してしまったのか、今度はMySQLが起動もできない。
こうなったらソースファイルからmakeする方が確実だ。最新版5.0.16というのをダウンロードし、cofigureしてmake make install。
この後も、なんかファイルがないとかパーミッションが違うとか、さんざんエラーが出まくったのだが、どうにか再起動にこぎつけた。
ちゃんとrootでログインし、パスワードを設定し、xoopsというユーザも作った。
だけど、やっぱりxoopsのインストーラはデータベースに接続できないといって止まってしまうのだ。
こんなことばかりやっている時間はないし、明日にはハイパー研旗揚げなので、とりあえずBBSソフトを組み込んでお茶を濁す。こちらもcgiのディレクトリ設定が違っていたりしてなかなか動かなかったけれど、最終的にはインストール完了。
どうも、hmw.or.jpで使っているFedoraとは相性が悪いのか、fmlといいxoopsといい、なかなか一筋縄では動いてくれない。あ、nucleusはFreeBSDだった。ようするにunix系システムについてのスキルが足りないというわけか・・・

「MySQLにはまる」への1件のフィードバック

  1. MySQLのポートが開いていないのが原因かと。
    フィルタリングは iptables で行いますが、
    firestarter というGUIの設定ツール
    (=簡易ファイアーウォール)を使って
    いますので、/etc/firestarter/inbound/allow-service にMySQL(3306)のポートを追加して
    lan側にアクセス許可しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください