「営業終了のお知らせ」

ドキュメントシステムの広川さんから、「営業終了のお知らせ」というはがきをいただいた。
広川さんはアスキー出身で、ぼくが最初の会社を作ったのとほとんど同じころに独立し、ドキュメントシステムを設立。TeXを中心にテクニカルライティングや技術書の編集では知られた存在だった。ぼくもTeX関係のお仕事でお会いしたことがある。

最盛期には20人以上のスタッフを擁していたこともあるという。
ところが、バブル崩壊で規模縮小を余儀なくされ、さらにここ数年、発注単価が劇的に下落。編集プロダクションが儲からない構造になってしまったため、見切りをつけて会社としての活動を停止するのだという。スタッフはそれぞれ別の道を歩み、広川さんはフリーランスへ。もちろん、整理するにあたりいろいろと苦労はされたのだろう。自分が手がけてきた会社を閉鎖するというのは、とても悲しいことだ。
確かに、エルデもここ数年はあまり儲かっていない。まず大きい仕事が取れていない。スタッフが少ないからかつかつ食っていけてるけれど、年に何回かは資金繰りを見直して青ざめることがある(毎月やってないからだが・・・)。
編集や制作なんて、手間隙ばかりかかって割りの悪い商売だ。だけど、編集という仕事が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください