「業として」とは

特許権について調べていたら、「業として」という言葉に出くわした。
たとえば特許法では
(特許権の効力)
第68条 特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を専有する。ただし、その特許権について専用実施権を設定したときは、専用実施権者がその特許発明の実施をする権利を専有する範囲については、この限りでない。
(侵害とみなす行為)
第101条 次に掲げる行為は、当該特許権又は専用実施権を侵害するものとみなす。
1.特許が物の発明についてされている場合において、業として、その物の生産にのみ用いる物の生産、譲渡等若しくは輸入又は譲渡等の申出をする行為
といったように。
さらに調べると、特許法に限らず、この「業として」という言葉は法律ではよく使われているようだ。


で、「業として」とはどういうことなのかというと、それがはっきりしない。常識的に考えれば「ビジネスとして」ということだろうが、法律用語ではもっと広い範囲を指すらしい。法律の条文では定義されておらず、官庁の通達や学説、そして判例などによる解釈の積み重ねで「業界内」ではある程度意味が定着しているようだが・・・
知的財産用語辞典http://www.furutani.co.jp/cgi-bin/term.cgi?title=%8B%C6%82%C6%82%B5%82%C4
によれば
●業として(ぎょうとして)-特許法関係-
 ”業として”とは、事業としての意味である。特許権侵害の成立要件であり(特許法第68条)、営利目的や反復継続性の有無を問わず、事業として特許発明を実施することをいう。つまり、特許製品を生産、使用したとしても、それが単に家庭的、個人的な実施にとどまる限り、特許権の侵害にはならない。
となっている。
また、慶應義塾大学知的資産センター
http://www.ipc.keio.ac.jp/patent/mechanism.html
によれば
(7)業とは?
単に個人的あるいは家庭的なものだけを除くすべてのものであると考えられています。したがって、営利目的以外のものでも業にあたります。例えば、学校法人のような公益法人が行うものでも、業といえます。
と解説されてる。
特許というと、何か難しい製品の製法だけだと思いがちだ。だが、たとえばダイエット方法も場合によっては特許を取得できる。
このダイエット法を個人および家族に対して行うことはOK。会社や商店、個人事業者、学校などが行うものは無料であってもNG。これは分かった。それでは出会い系で知り合った人妻が相手では? 数人の友人たちを対象とし、無償で行う行為は「業として」に入るのだろうか。仲間内で研究活動を行うことは?
とある特許権利者のサイトで「試験・研究以外の目的で、×××法を他人のために用いると、それが1回だけでも、無償だったとしても、特許権侵害が生じます。」と記載してあったが、そう簡単に言い切れるものでもなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください