09/03 EC Cubeにコンバージョントラッキングコードを設定

今更だけど、PowerNavi オンラインショップにGoogle AdWordsコンバージョントラッキングコードを設定した。PowerNaviオンラインショップをEC Cubeで開設したのは2009年、AdWordsも当時から使っているのだけど、コンバージョントラッキングコードを埋め込んでおらず、AdWordsからのクリックが最終的に購買につながったのかどうか、把握できていなかった。

ここにきて、SEOというかSEMというか、オンラインショップの売上を増強しようということで広告効果もきちんと測定することにした。

方法は

AdWordsのトップページにあるメニューバーから[ツールと分析]-[コンバージョントラッキング]-[コード]を選択する
測定しようとするサイトを選択する
[コード]タブをクリックする
[自分でコードを変更する] をクリックする
コンバージョントラッキングコードが表示されるので、コピーする

EC Cubeの動いているサーバーにアクセスし、
/ec2/data/Smarty/templates/tpl20090608/shopping/complete.tbl
をエディタで開く。「tpl20090608」はEC Cubeのバージョンなどによって異なるかも

complete.tblの間にコピーしたコンバージョントラッキングコードをペーストする。コードの中身は画面には表示されないので、どこにペーストしても問題ない


実際に買い物を行い、最後の[ご注文完了ページ]を表示させ、ソースを見てコードが埋め込まれていることを確認する


これで注文があった場合、AdWords経由なのか自然検索やブックマークからなのかが分かるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください