07/13 国会前で反原発抗議行動

毎週金曜日の官邸前反原発抗議行動。これまで用事があって参加できなかったので、今日が初参加。国会議事堂前駅は出口を封鎖するとかいう報道があったので、霞ヶ関駅から官邸を目指したが・・・

駅を出たのは18時ちょっと過ぎ。国会方向に坂をのぼって、官邸にわたる財務省上交差点に着くと、横断歩道が警官隊に封鎖されている。官邸側から渡ってくることはできるけれど、こちらからは渡らせない。信号が青になったので横断歩道を渡ろうとしたが、警官数人にブロックされて行く手を阻まれた。しばらく渡らせろと押し問答をしていたけれど、主催者側のスタッフも「抑えてください」と割って入ってきたので諦め、国会前の第2会場に回った。

国会前は右手と左手の歩道だけが抗議会場。ぼくは左側の歩道を進んで行ったら、途中でストップ。この先は子ども連れなどが安全にいられるようなファミリーブロックとなっており、その先、正門前の交差点はこれまた完全に封鎖されている。反対側の歩道に渡るには、ずっと下まで戻って大回りしなければならない。

しょうがないので、この場所で抗議することにした。1人1分?スピーチをやっているが、PAが弱くて何を言ってるのかほとんど聞こえない。シュプレヒコールも「原発反対」「再稼働反対」「子どもを守れ」といった定型コールならわかるのだけど、ちょっと変わったことを言うと聞き取れないほど。

途中でドラムデモ隊が来たり、田中康夫とすれ違ったり、はとバスの外国人観光客にエールを送ったり、車道にはみ出して警官と言い争いになったりしながら20時には終了。
あいかわらず官邸方向には進めないので、あっさり霞ヶ関駅から帰路についた。

官邸前を「解放区」にした6月29日、府中のNさんたちが実力で阻止線を突破しようとした7月6日の警備を総括し、警察は官邸前を封鎖。どれだけの人が入れたか分からないけれど、許容人数以外は国会前など周囲に誘導して分散させる作戦に出たようだ。かつてのように「官邸突入」など、言う気もないしやっても無駄だと思う。だけど「官邸前抗議行動」ができない、官邸前を埋め尽くせない状況をいつまで許しておくのだろうか。

「07/13 国会前で反原発抗議行動」への2件のフィードバック

  1. 7日の豊田直巳さんの講演の際はお世話になりました。

    13日の首相官邸前には、実は福島菊次郎さんがいらしていたんですよ。
    テレビ朝日の収録が終わってから、ディレクターと映画『ニッポンの嘘』の監督、配給会社のスタッフと一緒に、タクシーで官邸前へ。
    私も同行しました。

    車道からは、見事というしかない警察車両の壁に阻まれて、歩道にいる人たちはまったく見えませんでした。
    まるで檻の中で抗議しているようでしたね。
    私たちは議員会館側にタクシー2台をとめて、首相官邸前の交差点あたりにいました。
    「立ち止まらないでください!」
    「撮影はやめてください!」
    警察に囲まれてそう言われ続けながら、福島菊次郎さんも私たちもまったく言うことはききませんでしたが。

    それにしてもひどい囲い込み作戦!!
    官邸では、これで抗議行動も押さえられたと考えているようです。
    今日はどうなるでしょう。
    私はしっかり確認に行くつもりです。
    今日も負けずに大勢の人たちが抗議に来ることを祈ります。

  2. 一ノ瀬さん 土屋です

    13日の官邸前抗議行動、福島さんと参加されていたとは知りませんでした。というか、あれだけの人数だとどこに誰がいるかなんて、分からないですよね。国会前では田中康夫とすれ違いましたが。豊田さんらしきカメラマンも見かけました。

    今日も抗議行動に参加するつもりです。官邸前は機動隊に封鎖されてしまうのかもしれませんが、単純に正面から「突入・占拠」と叫んでもしょうがないので、創意工夫でゲリラ戦を展開していかないといけませんね。

    豊田さんの講演ビデオ、編集し終わったのでDVDをお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください