ラベル・シール印刷の世界

新製品のラベルデザインがやっと確定し、最終データが完成した。
元々はCMYKの4色で作ったのだけど、実質的には2色なので、墨版と特色版とに分解し、印刷会社に送る。
すると「うちの機械ではグラデーションがあるものは刷れません」と言われてしまう。


別の会社も「グラデーションがあるものはどう印刷されるか分かりません。きれいにはでないかも」。
特色自体にグラデーションがあるし、それに墨版のグラデーションをかけて立体感を出している。
1色や2色でシールを印刷する場合、凸版輪転とか凸版平圧という印刷機を使うという。単純なデザインであればローコストで刷れるのだが、ベタや微妙なグラデーションは苦手なようだ。しかし、4色オフセットだと値段が倍かかってしまう。
これまで、チラシやカード、パンフレット、書籍に雑誌など1色や4色の印刷をオフセットでしか頼んだことがなく、ラベル・シール印刷は初めての経験で、分からないことが多すぎる。
ここまで来てつまづくとは思わなかった。発売がどんどん伸びる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください