竹中平蔵氏講演は取材・撮影・掲載不可

CNET Japanから、RSA Confference JAPAN 2007における竹中平蔵氏の講演「情報通信産業の将来と日本経済」を取材して欲しいと依頼があった。小泉内閣で経済財政担当大臣や金融担当大臣などを勤めた、あの竹中氏だ。

会場であるザ・プリンスパークタワー東京には早めに到着し、プレスの受付を済ます。
で、ここで手渡されたプリントには、取材制限のあるセミナーなどが載っている。読んでみると竹中平蔵氏のセミナーは「取材・撮影・掲載 不可」と。なんだこれは!! 取材する意味がないというか、雨の中、何しに来たんだ。
急いで担当編集に連絡し、善後策を話し合う。結局、同時刻に開催されていたRSA部長による「犯罪のブラックリスト共有によるオンライン・ユーザーの保護」に切り替え。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20347972,00.htm

今回のカンファレンス、やたら「取材不可」とか「掲載不可」といった制限が多かったような気がする。セキュリティ実務者が登板するからだろうか? COMDEXでビル・ゲイツによる基調講演など、撮影が最初の5分ほどと制約されることはあったが、取材・掲載不可というのは初めてで面食らってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください