BSDからCentOSへ

月曜日に新しいサーバに切り替えた。これまで使っていたのがDELLのPowerEdge500SCという、PentiumIIIのマシンでOSはFreeBSD。
さすがにレスポンスが悪くて、メールの読み書きなどにも時間がかかるようになってきたし、何か新しいアプリケーションを入れようとすると、あれが入ってない、これが入ってないで面倒なことこのうえない。

そこで春だから、というわけではないけれどマシンをリプレース。同じくDELLのPowerEdge440。セレロンD搭載で29800円という激安マシン。
OSは、Linuxの中でもサーバー用としては安定していると評判のCentOSを入れることに。これでBSD/OSから続いていた弊社サーバーのBSD系列も終わりとなってしまった。
メールやWebサーバの移行はまぁすんなりいったのだが、ブログの移行に手間取った。phpMyAdminで旧サーバのMySQLデータベースからブログの中身をエクスポートし、新サーバにインポートするのだが、なぜか文字化けしてしまう。MovableTypeの方は大丈夫なのに、なぜかこのNucleusがうまくいかない。
ああでもない、こうでもないと試行錯誤したけれど、結局だめ。新旧サーバでMySQLのバージョンが違うのが原因(4⇒5)ではないかと見て、新サーバにわざわざMySQL4を入れてデータファイルをそのままコピー。
ようやくまともにブログが動くようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください