消えた印鑑証明

朝、市役所出張所まで印鑑証明書を取りに行く。申請書と登録カードとお金を出して「紙」を受け取り、封筒に入れる。
都内にある目的地の窓口で、封筒から印鑑証明を取り出すと・・・ 印鑑証明書交付申請書が出てきた。肝心の印鑑証明書はない。

カバンの中を探してみたが出てこない。そもそも申請書が申請者の手元に残っているはずはない。
出張所に電話して「印鑑証明書残ってませんか」と告げると「土屋さんですか」と即答があり、すぐに担当者が出て、申請書と証明書を取り違えて渡してしまったことを詫びてきた。気付いて外まで追いかけたけれど、間に合わなかったらしい。
手続きの期限が明日までなので、明朝、証明書を取りに行くことに。これが期限当日だったら片道1時間かけて戻らなければならなかったのが、まだ不幸中の幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください