「日の出町」カテゴリーアーカイブ

9/23 森の家で「ひので竹取物語」

みんなの森財団なのか、森の包括支援センターなのか、冒険村なのか・・・ 主催団体がよくわからないけど森の家と冒険村(田んぼ一帯)で竹を使おうというイベントだった。子どもたち集めて、かまどでご飯炊いたり、竹鉄砲作ったり、竹でパン焼いたり、ドラム缶風呂沸かしたり。
続きを読む

6/16 アメリカからチェンソーを個人輸入・・・ できなかった

冒険の森整備で,いいかげん手鋸での作業は嫌になったのでチェンソーの購入を考えた。初めてのチェンソーだから信頼できる農機具専門店で購入するのがいいのだろうが,調べてみると個人輸入というのも魅力的だ。これまでもパソコンとかいろいろ個人輸入しているし,2ストロークオートバイのエンジン整備はやったことがあるから,なんとかなるだろう。同一製品の価格が国内の半額以下というのが一番大きいが。
続きを読む

04/03 自分で手漉きした、ひので和紙のブックカバー

2月にシンガポールからの客人Krisさんたちと日の出町を訪れ、国高さんが主催しているひので和紙工房で手漉き和紙のブックカバーを作った「シンガポールからのお客様と日の出武家屋敷~手すき和紙体験」。コウゾの皮をはぎ、表皮をそぎ落とし、叩いてばらばらの繊維にして金網で漉いて作る、本当に手作り和紙の作品だ。
続きを読む

02/20 シンガポールからのお客様と日の出武家屋敷~手すき和紙体験

先日、カットシステムの石塚社長からScratchなど子どもプログラミング教育に詳しく、MITのMitchel Resnickとも親しいという石原さんを紹介された。3人で高田馬場の一休で飲んでいたら、石原さんのシンガポールのビジネスパートナーが今度来日するのだけど、シンガポーは狭い国土を高度に開発してしまったので、子どもも大人も自然活動に飢えている。ぼくが日の出町でいろいろ自然活動をやっている人たちと親しいという話をしたら、ぜひそのシンガポールの人を招待したいという。
続きを読む